--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレキの楽園 あとがき。

2009年03月09日 20:02

お疲れ様でした。

長い話を読んでいただきありがとうございます^^

あとがきというかまぁ公演もおわって色々思うところを
つれづれなるままに綴ってみようかと思った次第です。

お暇な方はどうぞヽ(´ー`)ノ




さて

庭物語というジャンルは
今のECOには存在していなかったものだと思います。

演劇というものは各鯖で行われていると思いますが、
庭を造りました。
そしたら物語が出来ました。
そんな庭の、生きたお話です。

というちょっと変わった感覚で、
庭の見せ方のひとつだと思っています。

物語を見てもらってのうちの庭、だと思っています。


そんなわけで2度目の庭物語でした。

最初にやったのは、庭師の競演一回目のとき。

そのときはメインの庭を「鳥かご」で作っていき、
出来上がったときには「鳥かごの夢」という庭物語が出来上がっていました。

それを一人芝居形式で競演で語った、それが最初でした。

今回のお話は、実は庭を造りながら元になったものがありまして、
それが
大好きな歌手さん「新居昭乃さん」のお歌と、その歌の元になった話です。

どちらかというと
新居昭乃庭、っていうかんじです。(笑)

彼女の歌から
「ガレキの楽園」「スプートニク」「降るプラチナ」という曲をもとに
庭の全景が出来上がっていきました

ガレキの楽園は、廃墟なんだけどそこは大切な場所という意味合いで。
降るプラチナは、天気雨。
今回は夕暮れの中の天気雨を造らせてもらいました。

スプートニクというのは、劇中でもでてきたスプートニク計画のこと。

詳しく知らない方は、
クドリャフカの話
こちらから見てくださるといいかも^^

史実をもとに、
彼らの、そして宇宙に消えていった彼女の魂が
救われていますように

という願いを込めて

作った今回のお話でした。

さてさて、次回はどんな庭物語が生まれるのか。

生む気はあるのか!(笑)

見てくださった皆様の感想とかで私の気力は保たれています(何)ので、
ぜひぜひお気軽に拍手とか感想などいただけたら幸いと思いますよー(笑)


それでは、またECOのゲーム中でお会いいたしましょう。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukiomipuniko.blog94.fc2.com/tb.php/35-ebe2abf8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。