--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

執事喫茶に行って来たのですよー(・∀・)

2009年09月10日 23:00

ほぼふぃるんのこぴぺですが・・・。


昨日友人と執事喫茶に行ってきました



・・・ひとついえるのはあそこは萌えの塊だったということだ・・・。



スワロウテイル。池袋にある「執事喫茶」。
要予約。激戦の末、予約を取らないと入れません。
キャンセル料も、予約の人が一人これなかっただけでもお金を取られる
厳しいところです(笑)
敷居が高くて行ったことがなかったのですが、昨日、友人と行くことになりました。



予約の時間は14:25。
場所は乙女ロード真っ只中、K-BOOKSの下。
おお、ふじょしの皆様がたくさんいます。
そこの地下に、執事喫茶スワロウテイルはありました。



14:15。
地下に降りてゆくと、早速ドアマンがお出迎え。
「お帰りなさいませ、ご予約の名前をどうぞ。」



ニ人ですでにわくわくです。

常連客っぽい子達は、ドアマンのお兄さんとも仲良さそうに話してました。
一人で来ている子もいたなあ。
これははまるんだろうなあと思いつつ、ソファーで待機。
うちらより後に来た子達は呼ばれていくのに、私たちはなかなかはいれなーい(´・ω・`)

まぁ全然気になっていなかったのですが、ドアマンの執事さんが何度も
「お待たせして申し訳ございません、もう少々お待ちください」って
言ってくれました。
そしていよいよお迎えです!


ドアががちゃりと開き、おじさま執事さんがお出迎え!
「お帰りなさいませお嬢様、出迎えが遅れまして大変申し訳ございません」
(*´д`*)きゃー
お、奥にはあと二人執事さんが待機してらっしゃるー!


まずは奥の執事さんが手荷物を預かってくれました!
友人は傘を持っていて、傘はなんとクロークに入れてくれるとのこと(・∀・)
そんなわけでお屋敷の中へ案内・・・・


わー、お客様いっぱいだー!
テーブルの並びは普通の喫茶店みたいな感じかな・・・・?
と思いきや、私たちの通された席は偶然か、カーテン付の半個室みたいな
ソファーの席だったのです(*´д`*)ハァハァ!!
待たされたからかなー?すごく素敵な席でした!
なんと左右にかかるカーテンも執事さんがよけて通らせてくれる!
荷物をお置きしてよろしいでしょうか、といわれ、なんと荷物にも
布がかぶせられる始末!(万が一食事とかが飛んだりしないようにだとおもうけどすげえ)

1テーブルごとに決まった執事さんがついてくれるようで!
なんとひざにナプキンまでかけてくれるんですよ!!


うちらの席についてくれた執事さんは、まだ若い感じの子。
多分働き始めたばかりの新米くんなんだろうなーって感じでした。
せりふかみかみ(・∀・)
どじっ子だーww
メニューを手渡され、中の食べ物の説明を一ページ一ページ。



正直一回聞いただけじゃ覚えられないよ(・∀・)



そんなわけで初回なので、季節のデザートプレートとやらにすることに。
紅茶がいろんな種類があって覚えきれないかんじー。
私はお勧めを執事くんに聞いたのだけど、あわあわしながら一生懸命
答えてくれました。可愛いな(*´д`*)



何かあったらベルで呼べとのことでベルを置かれたけど、ぜんぜん使う機会なかったよ!ww次回は使おう・・・ww


きょろきょろしながら、調度品がキレイだーとか執事さんがいっぱいだーとか言ってるうちに、あまり待つことなく、デザートプレートのセットが運ばれてきました。


新米執事君!ここで私と友人の紅茶を注ぎ間違える。
なんてどじっこなんだ!wwww
あわあわしながら謝ってた、かわいかった(笑)
「だめだめですね、わたくし・・・申し訳ありません」とか言ってて
めっさかわいかった(*´д`*)
ティーカップもブランド物ですよ!

私の紅茶にはノリタケ?のレースウッドゴールドでした。
友人の紅茶はなんだっけ?ウェッジウッド?の・・・・ああ覚えてないやあ。゚(゚´Д`゚)゚。



デザートプレート、けっこうおなかいっぱいになった!
で、紅茶を自分で継ぎ足して飲んでたら・・・・
「お嬢様、紅茶はわたくしどもが注ぎますので、お嬢様は何もせず・・・どうかそのようなときもわたくしどもをお呼びくださいませ!」って
注意されちゃった(・∀・)てへ☆


だ、だって紅茶目の前にポットあるのに・・・・
呼ぶと思わなかったんだもの☆(・∀・)自分で注いだほうが早いしさ!!(爆
↑ユキオミはお嬢様向いてないのかもしれないと悟った


で、ここは80分の時間制なのですが、ソレを食べ終わるころにはすでに60分くらい経ってた。
すごいあっという間。
会計も席でするのです。
二つ折りの伝票ケースが置いてあって、そこにお金を入れておくと執事さんが清算してきてくれるのです。



うちらの給仕ではなかったのですが、長身オールバックで眼鏡の執事さんが居て、超Sっぽくてかっこよかったです(ナニ
あと、おじさま執事の人がすごいベテランっぽくてかっこよかった。
こんなん、普段着着て外あるってればただのおっさんだろうに。
執事とはこんなにもおじ様方を萌えに見せるのね。


で、通常は最後のお見送りまで同じ執事さんがしてくれるらしいのですが、
今回の執事君はちょうどシフト交代か休憩時間に入るとこだったのかなー?
で、交代するということになったのですが、その言い方もまた素敵。
「お嬢様方、大変申し訳ございません。わたくし大旦那様より御用を申し付かり、
これより屋敷を去らねばならなくなってしまいました。」
だってー(*´д`*)それもまたかみかみな執事君は可愛かった。頑張れ新米。



代わりに来てくださった執事さんはものすごくベテランっぽかった。
リラックスできたかと聞かれたので、
まだ初回なのでなんとも・・・・(・∀・)80分てはやいですねー(ノ´∀`*)
って言ったら
「お嬢様、ここはお嬢様のご自宅でございます。次にお戻りの際はもっとリラックスして
寛いでくださいませ」
的なことを言ってくれたわけですよ!!(*´д`*)



(*´д`*)・・・・また帰ろう



そんなわけであっというまの80分でお見送りの時間ー!
「お名残惜しゅうございますが、そろそろお出かけの時間でございますよ」


(*´д`*)あっという間だった・・・



またこれ、出るときにも全身鏡の前で
「よろしければお鏡で身支度を整え下さいませ」
いざ屋敷を出るときも
「もうじき夕食の時間でございます、あまりお帰りが遅くなられますと心配ですゆえ、お早めにご帰宅ください」



「それでは、お嬢様」





「「「いってらっしゃいませ」」」







(*´д`*)・・・・・・・・また帰ろう!!!






そんな感じでした、そんな感じでした!!!
萌えがいっぱい詰まってました。


夢みたいな時間でした。



また帰ろう。そうしよう。


他に一緒に帰りたいお嬢様・お坊ちゃま居ますか(笑)
今度是非一緒に帰宅しましょう(笑)



そんなわけで執事喫茶レポでした(*´д`*)




あ、余談ですがお嬢様・お坊ちゃまのほかに「旦那様」とも呼んでもらえるらしいですよ。(笑)

拍手レス

ちゃんこさま>
わー、いっぱいありがとうですヽ(´ー`)ノ
庭物語はせっかくだから攻防戦あとに☆
そのぶん2回目公演が遅くなりますが・・・再演もするからまあいっかなって!
ふんわりぬこは気に入ってもらえてうれしいです。
リアル絵のほうが評価される今日この頃であります。
もしかして目指す方向間違えてるんだろうか(笑)
えろな作品はあれです、依頼主が「透け」にこだわられてらしてああなりました(笑)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukiomipuniko.blog94.fc2.com/tb.php/124-52d78ea6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。