--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンク追加しましたー

2009年09月28日 17:29

リンク追加でーす

星猫庭園様です!

なんと庭物語のレポートがものっすごく細かく載ってて
演じた私が感激してしまったほどです(笑)
私がまとめるより突っ込みつきでたのしいんじゃないだろうかと思ってしまいます(笑)

ぜひぜひ、見に行ってみてください!

スポンサーサイト

SSコン:2008年クリスマス

2009年09月26日 21:05

2008クリスマス

2008年クリスマスです。
けっこう狙ったけど微妙な位置だった悲しい想いの残るSSです・・・
タイトルの『天使がくれた、勇気がひとつ。』は
元ネタみんなわかんないだろうなあ。
PB2(プールビットボーイズ)の曲からなんですよー。マイナー上等。
ジングルジングルミラクル・ナイト
カウントダウンでカレンダー
年に一度讃え聖夜~って(・∀・)わかんないか、わかんないよな・・・・
浅倉大介ファンなら通じるかもしれないこのマイナーさ。
でもそれがいい。(何


2008クリスマスコメ

タイタス

2009年09月24日 19:23

しすこん


タイタス好きだ。
鬼畜そうなとこがたまらん(何

庭物語、無事に再演も終了いたしました。

2009年09月24日 19:22

見に来てくださった方、ありがとうございました。
今回の物語はどうだったでしょうか。

また、感想などお聞かせくださいね。

物語の一人として、楽しんでいただけてれば幸いです。

のちのち、SSと文章でまとめたいと思います。


次の庭物語で皆様に会えることを楽しみにしています。


後一回だけ、2回目公演(トゥルーエンドのほう)を、もしかしたら
10月6日のフリマ後にやるかも・・・・・?(未定)





P.S

知ってる方が沢山来てくださってたのに、忙しくて全然お声をかけれなかった!!><
ホントに皆様ごめんなさい!!
来てくれてありがとうございました、ちゃんと認識しております!!

画像更新と庭物語再演のお知らせ

2009年09月23日 13:28

ECOのページのキャラ紹介の、画像更新&レベル更新しました。
よければ覗いて見てくださいね。

$99


$99防具取ってきました。
帽子かぶったら見事にツーテール消えちゃったんで悲しいのでティタあたまにすいっちして
SSぱしゃりー。
あ、もちろん取ってきたのは後ろで姉を溺愛する弟麻呂カシエル君です。
最初はさらたん装備が出ちゃいました。


オミ「・・・・カシエル君、これさらたんの・・・。」

カシ「すみません姉様。人気らしいという皿装備が当たったようです」

オミ「うん、そうだね、すごいね!私のは、また今度でいいからね」

カシ「・・・・・・・・・・・・・・」


カシ「・・・・・・・・・・・・変えてきます」

オミ「!?」


数分後


カシ「はい、姉様。うちのリンメンが交換してくれました。着てください」

オミ「えええええ」

カシ「やはり一番は姉様に着て貰わないと。」

オミ「ぅ、ぁ、ありがとう・・・」


オミ「次はちゃんと自分の取るんだよ?」


カシ「それはないですね(にっこり)」


オミ「!?!?!?!?」

カシ「僕にカラス天狗になれって言うんですか」

(試着してみて、あまりの似合わなさに撃沈したらしい。)

オミ(カラス天狗・・・・・;;!?どんなだったんだろう・・・・;;!!)



カシ「・・・ちなみに損失は、フォーチュンリボン1、サムシングリボン1、アニマズボン1
   ついでにドラゴンマスク耐久ー2、エイボン耐久ー18、9回強化闘牛ー7です」

オミ「ひぃいぃぃいぃぃぃいぃぃ」


カシ「その分色々楽しませてくださいね(にっこり)」


オミ(何を~~~~~~~!?)






・・・コント書いてる場合じゃないね( ・ω・)ノ





あ。
告知忘れてました

アイノスフィア エピローグ


できました!
あの本の続き、リルムとの絡みなど、ぜひ読んでみてください。

[ 続きを読む ]

庭師の競演初日&庭物語無事終了☆

2009年09月20日 01:42

きてくださった皆様ありがとおおおおう

2回目の時間が、運営様との閉会式がどーとかであいまいになってしまって
結局24:30でも24:00でも24:05でもない

あーだこーだしてて24:10からという中途半端な時間になってしまいました

見れなかった人居たら、ごめんなさい><
再演は時間通り、今日より早くやりますので
よければ見に来てください><


1回見てくださった人、ありがとおおおう



2回見てくださった人、どうでしたかーー?



また面白い試みの庭物語でした。



観客は観客であって観客でナイ!

みんな物語の一部なんですよ!!!



そんなわけで、ワタクシ5時おきで今日は家族サービス

家族旅行に行ってまいります



まぁ日記かいてる場合じゃなかとです。





というわけで、再演は23日20:30~と22:30~!





それでは皆様ありがとーでしたー!!!

味気ない日記だ!!勘弁!!!(・∀・)

みんなのお庭も見せてもらいました!
すごいところはSS撮らせてもらったんだけど・・・

その編集もまたのちほど!!!

準備して寝ますw

次回更新は22日・・・か23日かな?


見られなかった人は、ぜひぜひ再演日にきてくださいませ~♪

いよいよ明日

2009年09月19日 02:30

明日は庭師の競演です!

日時 9/19(土) 20:00~24:00
    9/20(日) 20:00~23:00
場所 アップタウン・千姫広場 (四葉鯖)

※19日の土曜日はドミ界攻防戦・20日の日曜日は騎士団演習があります。ご自身の判断で参加をお願い致します。



なお、ユキオミの庭物語は
攻防戦後


22:30~  1回目公演

24:30~  2回目公演
の予定です!!


2回目、24時からの予定だったんですが
庭の準備を考えると、終了後30分で次の公演は無理そうです;;



今回の庭物語はなんとツーエンド
1回目と2回目でエンディングが違います。

1回目だけでも楽しめる
2回目だけでも楽しめる


でもきっと

2回見たらもっと楽しめる!

そんな内容になっております( ´ー`)


皆様!


ぜひぜひ、四葉・庭師の競演中


「庭物語」に

おいでくださいませ!!!(・∀・)♪


キャラクター一同お待ちしております♪

SSコン:2008年きのこ

2009年09月18日 18:26

2008きのこ

2008年きのこ狩りです。
きーのこのこのこちいさなこー
ということで
これは外で撮りました。
でかでかユキオミ&ちびちびゆいです。
ゆいが農家なので、「もうこれしかあるまい!」って感じで撮りました。
のぞきこみっ なかんじでちょっとお気に入り。
ちなみに、偶然手前のオレンジきのこにカーソルが乗ってたらしくて
ちょっと発光して黄色いきのこになっています。あらふしぎ。


2008きのこコメ
(C)2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.

SSコン:2008年ハロウィン

2009年09月18日 18:02

2008ハロウィン

2008年ハロウィンです。
初のワイド画面使用。

凝ったことしてないのですが、なにかといいアングルになりました。

2度目の開発室賞です。


2008ハロウィンコメ
(C)2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.

アイノスフィア エピローグ

2009年09月18日 04:38

アキを連れて(連れられて?)アクロニアに帰ってきた。

アキは、まだ出会ったばかりなのに、ほんとうに私に懐いてる。
まるで、あの子みたいだ。

こんなあったかい存在がちょっとだけくすぐったくて恥ずかしくて、
オミ姉様の前では突っぱねてしまった。
そのあとシスコン麻呂のカシエルに会ったけど、いつもみたく喧嘩になるかも!って
思ったけど、アキが止めてくれた。

アキは本当に可愛い。
ころころ懐いてきて、でも、あの子より、積極的だ。



帰ってきて、私は、確信したことがある。
それは、


『オミ姉様も、雪姉も、あの子の・・・リルムの行方を知っている』ということだ。

姉様たちには、リルムは見えていなかった。
・・・ように感じた。

だけど、今考えると、飛び起きた私に雪姉が言った台詞は
間違いなく「リルムの行方を知っている」ものだったと思う。


ふと横を見ると、アキが心配そうに私を見つめている。

そうだ、私には、もう、アキが居る。



真実を、確かめに行こう。



私はアキの手をとり、姉様たちの下へ向かった。


「雪弥ちゃん」


午後の日差しの中、二人とも、お茶を飲んでいたようだ。

「その子は・・・新しい『盾』さんだったっけ(笑)」

オミ姉様がくすくす笑う。

「・・・姉様、この子は、アキ。私の・・・」

ちょっとためらった。でも、正直に今の気持ちで紹介することにした。

「私の、恩人。で、とても、大事。これからよろしく。」

不安そうに見ていたアキが、ぱっと笑顔になる。
あわせて、姉様たちも笑顔になった。

「はい、うちの雪弥ちゃんをよろしくね。」

でも、今はこんななごやかな会話をしにきたんじゃない。
私は真剣に二人を見つめ、はっきりと聞いた。

「姉様。リルムは、どこに行ったの?」

「・・・・・!!!!!」

姉様たちは、また、一瞬ぽかんとした。
だけど、今度は、寂しそうな、困ったような顔になった。
私とアキは、あいてる椅子に座って、改めて姉様たちと向き合った。


先に口を開いたのは、オミ姉様だった。

「雪弥ちゃんは、どこでリルムちゃんと、知り合ったの?」

フシギなことを聞く。
続いて雪姉が言った。

「一緒に遊んでるところなんか、見たことなかったよね。」


そんな、リルムは、物心ついたときから、私と一緒に遊んでた。
私は、あの子と居た時間を、二人に話した。
物心ついたときから一緒だった。
いつだって一緒に遊んだし、戦い方もリルムが教えてくれた。
頭をなでてくれて、私が転職した日も、抱きしめてくれた。
沢山の思い出を、次から次へと話した。


「そうだったの・・・・・・」

オミ姉様が悲しそうに私を見る。
一体、リルムはいつ、どうなってしまったんだろう。
それだけが、心配で仕方がない。
しかし、雪姉がぽつんと語る。

「私らとしてはさ、雪弥がリルムと出会っている時点でオドロキなんだけどな。」


「・・・・・・・!?」


どういうことだろう。


「雪弥、あんたはリルムと『出会えるはずがない』んだ。」

「!?!?」

「だってな、あんたが『生まれるため』に、リルムは『消えた』んだから。」


世界が揺らいだような気がした。
記憶があふれかえる。

目の前が暗くなって、何かに吸い込まれていく感じがした。








・・・・・あれ、ここは・・・・


記憶の中の、リルムとの・・・・思い出?


まだ幼い私が目の前に立ってる。
ウッドスタッフを持って、どこかへ走っていくみたい・・・・・・・


・・・・・・・・・・リルムだ!!
幼い私は、リルムに会いにきたんだ。
そこには、記憶のままのリルムがいる。
懐かしい、ああ、愛しい・・・・・・・・・・!!!!!

リルムは、LV35のアーチャーの職服を着ている。
うんうん、そうだ、リルムだ。
確かに居たよ、会ってたよ!


幼い私がリルムに飛びついたところで、世界はぐにゃりとゆがみ、
『次の場面』へと写っていた。


今度の私は、転職祝いを持っている。


ああ、今度は転職したのをリルムに教えに行くんだ・・・
私は自分がどれだけあの子にべったりだったのかを思い知る。


「リルム、私転職したよー!」

「おめでとう!雪弥ちゃん!」

仲睦まじく抱き合うあの日の二人。


だけど、私は、気づいてしまった。

そうだ。


リルムは。


ずっと、レベルも上がらず。


装備も、そのままで。


一緒に狩りもしたし、一緒にクエストもしたし、一緒に買い物もしたのに、


私が成長しても、


リルムは、


変わらない姿のままだったんだ。




気がつくと、幼い私を抱きしめているはずのリルムが、『わたし』を見てる。
記憶をたどる存在の、私を、見てる。


「リ・・・・ルム・・・・・・」


「・・・・・・・・・・・・・」


悲しそうな笑顔で、リルムは『わたし』に呟いた。
口が動いただけだったけど、リルムが言ってることは全部判った。
そして、最後に、『わたし』にも聞こえない声で、
リルムは涙を流しながら、それでも、笑顔で言ったんだ。


『 ご め ん ね 』     って。




不意に、意識が戻った。

目の前には、姉様二人。
隣には、真剣に話を聞いているアキ。

そうだったんだ。

リルムは、既に、この世界には居ることが出来ない存在だった。
消滅のとき、意識だけがこの世界に残り。
私の生活の、色んなところに、リルムはいつでも居た。

私が、もう・・・一人でも居られるって、もう大丈夫って、
リルムは、自分の想いの全てを私につかって、私に力や、心や、狩り方、愛し方
いろんなことを教えて、
消えていったんだ。

ずっと一緒に、居れなくてごめんね。

私は、リルムの分まで、生きなきゃいけないんだ。





リルムの意識が生きていたことは、姉様たちにとっては信じがたい事実らしい。
私とそんなに居たなら、なぜ自分たちに一度も見えなかったのかと不思議がっているようだった。


仕方ない。
だって、リルムは私にとって特別で、私もあの子にとって特別だったのだから。


感傷に浸っていると、
袖のレースを引っ張る手があった。

顔を上げてそちらを見る。


アキ。


見たこともない、悲しそうな顔で私を見つめている。


「雪弥ちゃん。私は・・・まだ、出会ったばかりだけど」

「アキ・・・」

「私は、幻じゃないから。消えないし、ずっと一緒だから。」


ああそうか。
この子はこの子なりに、私を大事に思ってくれているんだ・・・・・。


何かが私の中ではじけた。

不意に、アキの手をとって、席を立つ。

「オミ姉様、雪姉、ありがと!!出かけてくる!!」

「え?きゅ、急だね!?」

「さ、行くよ、アキ」

「え、あ、あ、おじゃましましたあ~~~・・・・?」


ちょっと強引に、手を引っ張って家を出る。
ああ、リルムの気配がまだある。
きっとまだ、近くに居るんだね。

「ゆ、雪弥ちゃ~~ん・・・?」
アキが不思議そうに私を覗き込む。

私は、天に向かって思いっきり叫んだ。



「バイバイ、リルム!!!!」



不意に、ざあっと風が吹いた。
私の髪やスカートを巻き上げ・・・・通り過ぎていく。

アキがびっくりして、きょとんとしてる。

「・・・・・・・ふふふふふっ」

そんなアキを、笑って小突いてやる。

「び、びっくりしたよ~~!突然どうしたの?」


私は、笑顔でアキの手を引く。


「思い出、作りに行こう!!」


一瞬きょとんとしたアキだったけど、私の言わんとしていることが伝わったみたいだ。
すぐに笑顔になって、私の隣に並んだ。

「うん!!」




もう、リルムの気配はない。

だけど、私は、進んでいくんだ。


アキと。




一緒に。









<アイノスフィア エピローグ 完>



→ 本当に、たった一人だけ、消してしまったキャラが居ます。
  それが、「リルム」ちゃんでした。
  そのあいたスロットに、現在の雪弥がいます。
  その話を絡めて見たかったのです。
  一度生んだキャラを消すことは、もう出来ません。
  生まれた以上、そのこの物語は始まっているのですから。
  幼い私の心で消してしまったけど、リルムのことは、忘れません。

たまにはまともに更新してみようか

2009年09月17日 21:40

みたいな
いつもまともな更新してないみたいじゃないか((´ヘ`;)
そんなことないんですよ

そんなことないんですよ

(´;ω;`)いやいや


そんなわけで
ちょっと実はあまり表に公開してなかったんですけど
歴代のSSコン受賞作を公開していくことにしました

そのときの想いとかなんでコレを撮ったかとか
そういう話を交えて載せて行こうと思います
特定しないでね!!(って無理だなこれ)

まぁそんなわけでいつのまにか常連といわれているようなんですが
実はそんなに実力があるわけでもなく
コネがあるわけでもなく
ただの一プレイヤーであります。

すごいSSが撮れるかというとそうでもなく
新しい!とか言われるものも撮れません

でも撮り続けてるのは庭が好きだからです
絵が好きだからです

新しい図や手法じゃないからすごくないかというと

最近はひとつ誇りに持ってるものがあって

「私らしい」作品を造り上げていくということです
庭も、SSも、私の芸術を表現するためのツールだから
媚びたSSは絶対に撮らない。これだけは何があってもガチです。

こういうのを撮れば派手だし運営が好むなぁというのも、そりゃあこれだけ
出してればわかるようになってきました
だけど、絶対そこには着手しないときめています
設計が得意な人もいらっしゃいますし、
人それぞれ「ああ、この人はこういうポジションだよな」っていうのがあると思っています
私のSSは「ああ、これがユキオミのもんだよな」って
感じてもらえるようなのが撮れてたらおっけーだと思ってます

あと個人的に
「あ、このテーマでこういう見方もあるのねー」って、ちょっと王道とずれたことをするのが
非常に好きなので、他の受賞作品とかぶるとどんなに上位に居ても泣いてしまいます。
もちろん例外はあるんですけどね。

今日公開した3作品は、まだ最初なのでそういう概念がありません。

そのへんじょじょに公開していけたらと思っています。


んでは珍しく長々と真面目なことを語ってみました。

これから数日間更新しますので、よろしければお楽しみくださいませ。







あ、で、今回から、拍手レスを拍手いただいた記事のコメント欄に返していこうと思います!
拍手に限らず、コメでもつけていただければ幸いです。
いつも拍手で頂いていたので・・・。(拍手コメって書くのなにげに面倒ですよね;!!)

拍手のほうは、なんかまた新しいイラストを見れるようにしようと思います。

コメはコメで、拍手は拍手で楽しめるように
更新して行こうと思います!

SSコン:2008年恐怖体験

2009年09月17日 21:23

2008恐怖体験

さて。2008年恐怖体験SSコンです。

実は何の気なしに次の月、応募しました。
れんじゃーで狩りに行ったときの本気で「イヤアアアアアアアアアア。゚(゚´Д`゚)゚。」な
体験であります。
なんていうかまさにSSって言う感じで。
まさか入るとは思っておらず。きっとこのリアルさがよかったんだ、うん。(笑)

そんなわけでユキオミの調子にのったSSがこのあと続きます。

実は、ここから2009年バレンタインまでの間、
ユキオミは1コンテストごとに1枚しか出さないのですが
出したSS全部入るというオイオイ・・・な状態になります。
落選が出るのは、実はかなり後。
SSコンテストが、SSグランプリになってからなのですね。
っていうか7月のやつが初のようです。今確認したところ。

少しずつご紹介していきますが、多分見たことあるやつばかりになりそうです・・・
公式見てる人にはつまらん内容になりそうだ、すんません(´・ω・`)


2008恐怖体験コメ
(C)2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.

SSコン:2008年お月見

2009年09月17日 20:56

2008お月見

2008年お月見です。
このSSは、SSコンなんていうのが本当に後付で。
「この絵を撮りたい」と思って、庭を造り上げたときがありまして。
(知ってる人いるかなぁ・・・某庭コンテストの、「タイムスリップ」という庭です。)
あの庭を、造った理由は、「この絵」を撮りたくてで。
だから、もうこのSSを撮ったときは、それだけで十分でした。
だけど、この儚い夢を、公開したくて(笑)
みんなに見てもらいたい!!とか思って、
「こじつけだけど出しちゃえ!」っていうのが出すきっかけでした。

無事、開発室賞という、目立つ位置に入ったので、個人的に大満足。
あ、そういえば残すの忘れていたけどバナーにもなっていたんです。
なので受賞したのが見る前からわかってどきどきしたなあ。

だから、このときのSSを自分の中で越えることはきっとないのです。
SSコンなんて、後付だった、このときの気持ちを
こういう絵を撮りたいっていう気持ちから庭を造り上げたあの感覚を
忘れずに居たいと思うけど、きっと今では、あんな新鮮な気持ちになれないから。

だから、ユキオミの中で最初で最後の、一番自信作なのです。

2008お月見コメ
(C)2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.

SSコン:2007年ハロウィン

2009年09月17日 20:50


2007ハロウィン

2007年ハロウィンです。
実は、2006年ハロウィンが初の応募でした。
で、見事に落選。
すっかりそのまま忘れてしまい、一年越しでふっと思い出し
リベンジしよう!と出したのがこれ。
そして、見事入賞。

あっさりとリベンジできてしまい、それで満足した私は
またこれでSSコンという存在を忘れてしまいます(笑)

幻の第一回目です。

ハロウィンコメ
(C)2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.


週末は庭師の競演だよー。

2009年09月15日 01:55

じとー


今頑張って台本の時間調整とかしてます。

すごいよ!
最初に計ったら台詞だけで50分越えちゃったの><

なので、けずって何とか40分規模にしたいと思ってます。
前回のガレキくらいの長さね!

明日はくじがくるから楽しみ!

でも、庭も重要!

あ、あとお仕事絵も!(・∀・)

やることたくさんだけど、ひとつひとつ頑張っていくのだーいくのだー。

[ 続きを読む ]

執事喫茶に行って来たのですよー(・∀・)

2009年09月10日 23:00

ほぼふぃるんのこぴぺですが・・・。


昨日友人と執事喫茶に行ってきました



・・・ひとついえるのはあそこは萌えの塊だったということだ・・・。



スワロウテイル。池袋にある「執事喫茶」。
要予約。激戦の末、予約を取らないと入れません。
キャンセル料も、予約の人が一人これなかっただけでもお金を取られる
厳しいところです(笑)
敷居が高くて行ったことがなかったのですが、昨日、友人と行くことになりました。



予約の時間は14:25。
場所は乙女ロード真っ只中、K-BOOKSの下。
おお、ふじょしの皆様がたくさんいます。
そこの地下に、執事喫茶スワロウテイルはありました。



14:15。
地下に降りてゆくと、早速ドアマンがお出迎え。
「お帰りなさいませ、ご予約の名前をどうぞ。」



ニ人ですでにわくわくです。

常連客っぽい子達は、ドアマンのお兄さんとも仲良さそうに話してました。
一人で来ている子もいたなあ。
これははまるんだろうなあと思いつつ、ソファーで待機。
うちらより後に来た子達は呼ばれていくのに、私たちはなかなかはいれなーい(´・ω・`)

まぁ全然気になっていなかったのですが、ドアマンの執事さんが何度も
「お待たせして申し訳ございません、もう少々お待ちください」って
言ってくれました。
そしていよいよお迎えです!


ドアががちゃりと開き、おじさま執事さんがお出迎え!
「お帰りなさいませお嬢様、出迎えが遅れまして大変申し訳ございません」
(*´д`*)きゃー
お、奥にはあと二人執事さんが待機してらっしゃるー!


まずは奥の執事さんが手荷物を預かってくれました!
友人は傘を持っていて、傘はなんとクロークに入れてくれるとのこと(・∀・)
そんなわけでお屋敷の中へ案内・・・・


わー、お客様いっぱいだー!
テーブルの並びは普通の喫茶店みたいな感じかな・・・・?
と思いきや、私たちの通された席は偶然か、カーテン付の半個室みたいな
ソファーの席だったのです(*´д`*)ハァハァ!!
待たされたからかなー?すごく素敵な席でした!
なんと左右にかかるカーテンも執事さんがよけて通らせてくれる!
荷物をお置きしてよろしいでしょうか、といわれ、なんと荷物にも
布がかぶせられる始末!(万が一食事とかが飛んだりしないようにだとおもうけどすげえ)

1テーブルごとに決まった執事さんがついてくれるようで!
なんとひざにナプキンまでかけてくれるんですよ!!


うちらの席についてくれた執事さんは、まだ若い感じの子。
多分働き始めたばかりの新米くんなんだろうなーって感じでした。
せりふかみかみ(・∀・)
どじっ子だーww
メニューを手渡され、中の食べ物の説明を一ページ一ページ。



正直一回聞いただけじゃ覚えられないよ(・∀・)



そんなわけで初回なので、季節のデザートプレートとやらにすることに。
紅茶がいろんな種類があって覚えきれないかんじー。
私はお勧めを執事くんに聞いたのだけど、あわあわしながら一生懸命
答えてくれました。可愛いな(*´д`*)



何かあったらベルで呼べとのことでベルを置かれたけど、ぜんぜん使う機会なかったよ!ww次回は使おう・・・ww


きょろきょろしながら、調度品がキレイだーとか執事さんがいっぱいだーとか言ってるうちに、あまり待つことなく、デザートプレートのセットが運ばれてきました。


新米執事君!ここで私と友人の紅茶を注ぎ間違える。
なんてどじっこなんだ!wwww
あわあわしながら謝ってた、かわいかった(笑)
「だめだめですね、わたくし・・・申し訳ありません」とか言ってて
めっさかわいかった(*´д`*)
ティーカップもブランド物ですよ!

私の紅茶にはノリタケ?のレースウッドゴールドでした。
友人の紅茶はなんだっけ?ウェッジウッド?の・・・・ああ覚えてないやあ。゚(゚´Д`゚)゚。



デザートプレート、けっこうおなかいっぱいになった!
で、紅茶を自分で継ぎ足して飲んでたら・・・・
「お嬢様、紅茶はわたくしどもが注ぎますので、お嬢様は何もせず・・・どうかそのようなときもわたくしどもをお呼びくださいませ!」って
注意されちゃった(・∀・)てへ☆


だ、だって紅茶目の前にポットあるのに・・・・
呼ぶと思わなかったんだもの☆(・∀・)自分で注いだほうが早いしさ!!(爆
↑ユキオミはお嬢様向いてないのかもしれないと悟った


で、ここは80分の時間制なのですが、ソレを食べ終わるころにはすでに60分くらい経ってた。
すごいあっという間。
会計も席でするのです。
二つ折りの伝票ケースが置いてあって、そこにお金を入れておくと執事さんが清算してきてくれるのです。



うちらの給仕ではなかったのですが、長身オールバックで眼鏡の執事さんが居て、超Sっぽくてかっこよかったです(ナニ
あと、おじさま執事の人がすごいベテランっぽくてかっこよかった。
こんなん、普段着着て外あるってればただのおっさんだろうに。
執事とはこんなにもおじ様方を萌えに見せるのね。


で、通常は最後のお見送りまで同じ執事さんがしてくれるらしいのですが、
今回の執事君はちょうどシフト交代か休憩時間に入るとこだったのかなー?
で、交代するということになったのですが、その言い方もまた素敵。
「お嬢様方、大変申し訳ございません。わたくし大旦那様より御用を申し付かり、
これより屋敷を去らねばならなくなってしまいました。」
だってー(*´д`*)それもまたかみかみな執事君は可愛かった。頑張れ新米。



代わりに来てくださった執事さんはものすごくベテランっぽかった。
リラックスできたかと聞かれたので、
まだ初回なのでなんとも・・・・(・∀・)80分てはやいですねー(ノ´∀`*)
って言ったら
「お嬢様、ここはお嬢様のご自宅でございます。次にお戻りの際はもっとリラックスして
寛いでくださいませ」
的なことを言ってくれたわけですよ!!(*´д`*)



(*´д`*)・・・・また帰ろう



そんなわけであっというまの80分でお見送りの時間ー!
「お名残惜しゅうございますが、そろそろお出かけの時間でございますよ」


(*´д`*)あっという間だった・・・



またこれ、出るときにも全身鏡の前で
「よろしければお鏡で身支度を整え下さいませ」
いざ屋敷を出るときも
「もうじき夕食の時間でございます、あまりお帰りが遅くなられますと心配ですゆえ、お早めにご帰宅ください」



「それでは、お嬢様」





「「「いってらっしゃいませ」」」







(*´д`*)・・・・・・・・また帰ろう!!!






そんな感じでした、そんな感じでした!!!
萌えがいっぱい詰まってました。


夢みたいな時間でした。



また帰ろう。そうしよう。


他に一緒に帰りたいお嬢様・お坊ちゃま居ますか(笑)
今度是非一緒に帰宅しましょう(笑)



そんなわけで執事喫茶レポでした(*´д`*)




あ、余談ですがお嬢様・お坊ちゃまのほかに「旦那様」とも呼んでもらえるらしいですよ。(笑)
[ 続きを読む ]

納品完了~

2009年09月08日 18:45

そんなわけで今日一件納品できました!
かなり高画質!に頑張りました。

依頼者様がとてもこだわりをもってらしたので、そのイメージを大事に
描かせていただきました。


サンプルはイラスト提供のススメに貼っておきました。
これは切り出してるんですが、実際は全身図に背景入り、こだわりの一品なんですよー。


私の絵柄が気に入ってくださった方は、ぜひぜひご利用くださいませっ(・∀・)

個人からのご依頼も、企業からのご依頼もお待ちしています!

であであ早速次の依頼人と連絡を取ってきますかねっ(・∀・)
お待たせしてすみませんー(・∀・)!

りあるにゃんこ

2009年09月07日 18:38

にゃんこ

りあるにゃんこ絵。
これなんとレイヤー一枚なんですよー( ・ω・)

リアル絵を描くときはレイヤーを1~3枚程度しかいつも使わないのです。

庭師の競演4回目のお知らせ

2009年09月07日 04:53

正式告知がでましたよー(・∀・)


詳細は主催の光差す庭さんより!

日時 9/19(土) 20:00~24:00
    9/20(日) 20:00~23:00
場所 アップタウン・千姫広場 (四葉鯖)

※19日の土曜日はドミ界攻防戦・20日の日曜日は騎士団演習があります。ご自身の判断で参加をお願い致します。



なお、ユキオミの庭物語は
攻防戦後


22:30~  1回目公演

24:00~  2回目公演

の予定です!!


実はですね

ここにきてくださるだけにお教えいたします













今回の庭物語は



2回見ていただくと



「違う結末」を迎えるかもしれません。





最初から

エンディングを

「2種類」

用意しています。





同じ内容なのに

途中から分岐して

違うラストへと向かいます。




新しい試みです!!(・∀・)




たっぷり楽しんでいただけるよう考えています

もちろん一回だけでも楽しめるように造っています!

ぜひぜひ遊びに来てくださいね(・∀・)♪



[ 続きを読む ]

庭物語。

2009年09月05日 01:04

庭物語の3(仮)
できてきてます、できてきてますっ(・∀・)

今回もまた面白い展開になるよかん?(・∀・)


構想をちらーっとフレに教えたら
大掛かりだけど面白そうな感じ!と言われました!


今回四葉の庭博は19,20日の2日間なんですが
ユキオミ20日は家族旅行でいないので・・・


開催は19日のみになりそうです。

あと、再演を別の日にやりたいと思います!

SS撮影OK!動画撮影は・・・相談ください!
ぜひぜひ、見に来てくださいねー(・∀・)♪

時間はまだ未定ですが、

9月19日 庭師の競演 中で必ずやりますよー♪


お楽しみにっ(・∀・)ノシ
[ 続きを読む ]

ちびちび。

2009年09月02日 03:50

ちびゆきや

ラフをそのまま取り込み特に修正もせずがしがしと塗ってみました
意外とラフ線画がしっかりしてるのでそのまま塗れたりたり。

どこぞに出すわけでもないのに

2009年09月01日 17:19

何気に本気でSSとか撮ってしまいました

庭セットから配置から撮影枚数からマジでとりまくってしまいました・・・



親馬鹿でいいもん(笑)
うちの子かわいいよかわいいよニヨニヨニヨニヨ

そんなわけでしばらくはこれをECOカテゴリのTOPSSにしようと思います

ニヨニヨ。(・∀・)



[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。